●照国表参道の歴史

年月 内容
昭和32年10月

照国通り会として結成し、任意団体として活動

昭和60年8月 商店街振興組合を設立し、法人化する。
平成元年3月 電線類の地中埋設、歩道拡張工事の完成
平成2年3月 アーケード建設によるセミモール化を実現
平成4年8月 隣接の中央公園地下に
駐車場(602台収容)セラ602が完成

 

平成13年に「照国通り」から「照国表参道」に通り名が変更になりました。 
 
照国表参道通りは、天文館商店街の中心に位置する場所にあり平成23年9月には、

照国1丁目と合併し...全長570m(往復)の鹿児島で最大級の通りです。

 

平成26年3月に旧照国1丁目にアーケードの完成(完成式典3月8日実施)

 
通りには、映画館など様々なお店約100店舗で
天文館に来街して頂いたお客様をおもてなし致しております。

 

 

LAZO表参道1階には、三番神輿が展示しています。

★★アーケード完成記念式典実施 2014年3月8日